パプリカという歌に米津玄師が込めた思いとは?歌詞タイトルの付け方が天才!

      2019/04/22

私のブログタイトルの中にも入っているパプリカ。

パプリカの花言葉は『君を忘れない』というので、過去の自分を忘れたくないという思いでブログタイトルに入れたんです。

そして知った、パプリカという歌。

この歌みなさん知っていますか?

実は米津玄師が作詞作曲を手掛けてFoorinという小学生のユニットが歌っているんです。

このパプリカという歌、実は東京オリンピックのNHKの2020年応援ソング。

2018年の8月15日にリリースされていたんです!

……それを最近知るっていう私(笑)

聞いてみたらとても良い歌。

子供たちもノリノリです。

そこで調べてみました!米津玄師が歌詞に込めた思いを!

Sponsored Link

 

パプリカという歌。歌詞が難しいのでは?

まずはパプリカがどんな歌詞なのか知る事が大切ですね。

パプリカの歌詞がこちら。

曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる
夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ

雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが読んでいる
喜びを数えたら  あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ

会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら
会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ
かかと弾ませこの指とまれ

歌詞を見てみましたが、子供が歌うには難しい漢字を結構使っていると感じました。

子供が歌う応援ソングなのに、こんなに歌詞が難しいのはなぜなんでしょうか。

でも米津玄師自身が言っていたのが、「Foorinの5人が歌う事で初めてパプリカという歌が完成する」と言うんです。

パプリカという歌。米津玄師が歌詞タイトルに込めた思いとは?

ここからは私個人の考えになってしまいますが、米津玄師がパプリカに込めた思いとは何か考えてみました。

パプリカというタイトル自体は【音の響き】や【ポップな感じ】で決めたようです!

何も考えていないと言われてもしょうがないみたい(笑)

でも始めに説明させていただいたようにパプリカの花言葉は『君を忘れない』

そしてFoorinという小学生ユニット5人が歌う事で完成する。

という事を考慮すると、このパプリカという歌は将来大人になった時、子供の頃の自分を思い出して何でもチャレンジしてみよう!っていう歌なのではないでしょうか。

だって大人になると色々な縛りなどがありませんか?

やりたい事も我慢して常に普通や当たり前を求めてしまう。無限の可能性を自分自身で潰している訳ですよ。

そしてこのパプリカがなぜ応援ソングなのか?

2020年のオリンピックに出場する選手に対しての応援でもあると思いますが、オリンピックを見る子供たちに向けての応援ソングとしても捉える事が出来ると思いました。

米津玄師がインタビューでこのように答えています。

大人になればなるほど、今まで見てきたもの、理論的な思考回路に縛られてしまう感じが、すごくあると思うんですよね。「普通そんなこと起こらない」って言ってしまう。

本当は何でもやってもいいものに「それだとリアリティがない」とか「意味が通らない」って言ってしまう。そういうのって、危ういと思うんです。

子供向けの絵本を見ても、どこか荒唐無稽な感じがあって。イマジネーションの世界なんですよね。幼稚園にクマが転校してきたっていいし、子供たちみんなでクジラと綱引きしてもいい。

可能性は無限に広がっているって事ですね!

パプリカというタイトルを【音の響き】や【ポップな感じ】で決めてしまっているのに、最終的には応援ソングになってしまう!

米津玄師、すごすぎでしょ(笑)

Sponsored Link

 

パプリカという歌に米津玄師が込めた思いとは?歌詞タイトルの付け方が天才!まとめ

パプリカという歌が素敵。米津玄師が歌詞に込めた思いとは?についてお話しさせていただきました。

応援ソングで子供たちが歌うにしては歌詞が難しいと感じましたが、『パプリカ』はFoorinの5人が歌う事で初めて完成する歌だったんですね。

そして、子供たちに向けて応援している歌。

【音の響き】や【ポップな感じ】でタイトルを決めてしまいましたが、これだけしっかりと思いを込めている。

だから『パプリカ』という歌は何度聞いても飽きないですし、元気になるんですね。

……大人の私が元気になるんですから、子供だけでなく昔の大切な思いや好奇心・チャレンジ精神を忘れてしまった大人にも心に響く歌だと思います!

みなさんも良かったら聞いてみてはいかがでしょうか。

こんなたくさんの人数で歌っている人たちも……

やはり人気の歌なんですね!

 - 話題