宮迫クーデター 記者会見で暴露!吉本社長の本性にマジ引き…

   

 

雨上がり決死隊の宮迫さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが記者会見を開きましたね。

この記者会見、実は吉本興業を通さずにお二人が個人的に開いたもの。

なぜ吉本興業を通さなかったのか?

これは宮迫さんのクーデターではないかと言われています!

 

なぜこのような事が起こってしまったのか?

そこには吉本興業社長の本性が明らかになる真実がありました。

Sponsored Link

 

宮迫クーデター 記者会見で暴露!吉本社長の本性にマジ引き…

お二人の会見を見ましたが、

「えっ?別人?」

と思えるぐらい、老けこんでいると感じました。

精神的にかなり追いつめられているのではないかと…。

ハッキリ言って、嘘をついてしまった事は悪い事です。ですが、ここまで世間から追い詰められなければいけないのか…と言えば、個人的にはそんな事ないと思います。

 

ネット時代ですから、何をやっても見られている時代。

だから世間の皆さんから、かなり叩かれて、あんなに老けこんでしまったのか…

と思っていたんですが、どうやら違うよう!

では、お二人をここまで精神的に追い込んだのは誰なのか?

記者会見中に宮迫さんから衝撃の発言が飛び出しましたね!

これは宮迫さんのクーデターではないかと思います。

なんと、お二人をあそこまで追い込んだのは『吉本興業の社長』だったんです。

吉本社長の本性にマジ引き…

『吉本興業の社長』と言われても、どんな方か分からないですよね。

この社長はあのダウンタウンの3代目マネージャーを務めたほかに、今田耕司さんや東野幸治さん、130R、木村祐一さんなどを全国区に広めた敏腕マネージャーだったんです!

そんな社長に対して宮迫さんは記者会見中にこのように発言しています。

「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ。やってもええけどほんなら全員連帯責任でクビにするからな。俺にはおまえら全員クビにする力がある」

ちなみにこれ「お前らテープ、回してないだろうな?」と確認された上で、このような事を言われているんです!

直接言われた田村亮さん、その場で聞いていた宮迫さんは吉本興業に不信感を抱いたのは間違いないのではないでしょうか。

田村亮さんは生放送ありの記者会見を要望したそうですが、吉本興業からは

「こっちで決める」「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」

と言われ、かなりの不信感を抱いたようです。

 

吉本興業の社長って、そんなイメージなかったんですが、どうやら私が思っていた人とは違う社長のようです。

私が思い浮かんだ社長は、年末の『笑ってはいけないシリーズ』に進行役として出ている方。

そう、いつもニコニコして話しをする時はカミカミの、この方です!

だから、この話しを聞いた時、

「あの人が、そんな怖い事言うなんて…」

とマジ引きしましたが、私の勘違いでした(笑)

 

本当はこちらの方。

人を見かけで判断してはいけないのですが…「うん、言いそう!」

 

宮迫クーデター 記者会見で暴露!吉本社長の本性にマジ引き…まとめ

宮迫クーデター 記者会見で暴露!吉本社長の本性にマジ引き…についてお話しさせていただきました。

宮迫さんのクーデターによる暴露会見になってしまいましたが、お二人もこのような会見にしたくなかったとおっしゃっていましたね。

でも、世間のみなさんに事細かく経緯を説明するには、このような内容になってしまうと…。

社長の本性にマジ引きしたのは事実。

 

本来社長と言うのは、従業員を守るためにいるのだと、私は思っています。

ですが、社長が社員を守ってくれないのなら、社員も離れて行きますよね。

そう私が働いている会社のように(笑)

 

会社に仕事の依頼が来ているのではなく、お客さんはその人の腕を買って、仕事の依頼をしている。

私の会社は、そんな感じ。

会社の規模は違いますが、吉本興業もそんな雰囲気がしますね。

 

宮迫さんや田村亮さんが面白いから、仕事の依頼がきている!

だからお二人も頑張っているんだし、先輩方も助けてくれるのではないでしょうか。

宮迫さんのクーデターと言っていますが、吉本興業にもしっかりと感謝の気持ちを述べています。

 

今までお二人に笑顔にさせて頂いた事が多いですからね。今度は私たちが笑顔にする番ではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - お笑い