水町泰杜の進路は早稲田大学が有望?それとも実業団に入団!?

      2019/11/18

 

熊本県鎮西高校、県予選優勝おめでとうございます!

私が現役でバレーをしていた頃から、全国に名を轟かせていた高校。

バレーボールをやっている方なら一度は聞いた事がある高校だと思います。

あの黄色のユニフォームの高校です。

 

今年も鎮西高校が春高バレー2020の全国大会は出場しそうですね!

なんたってスーパーエースが凄すぎます。

そのスーパーエースは『水町泰杜』(みずまち たいと)選手です。

彼を知ったのは2018年の春高バレー決勝戦。

彼のバレーを見た瞬間、もう1人のファンです。

このポテンシャルでまだ高校1年生なの!?って言うぐらいバレーが上手すぎる。

もちろん鎮西高校は優勝。

この決勝戦で彼は更に知名度を上げました。

 

そんな『水町泰杜』選手も高校3年生。最後の春高バレーを迎えます。

高校バレーが終わっても彼のバレー人生は終わらないはず。

いや、こんなポテンシャルの持ち主をバレー界は放っておく事はしない。

気になるのは水町泰杜選手の今後の進路。

もし大学進学なら早稲田が有望なのかと個人的に思います。でも、このままVリーグへ入団の可能性はあるのでないかと。

 

そこで今回は水町泰杜の進路は早稲田大学が有望?それとも実業団に入団!?なのかと推測していきます。

Sponsored Link

 

水町泰杜の進路は早稲田大学が有望?

年明け1月に開催される春高バレー2020の全国大会が終われば3年生は引退。そして進学または就職。人生の大きな決断をする訳です。

そして気になるのは水町泰杜選手の今後の進路。私だけでは、バレー関係者は気になるところではないでしょうか。

もし仮に進学するのであれば、私は早稲田大学が有望なのではないかと推測しています。

 

ちょっと話しが脱線してしまうと思いますが、大学バレーは関東や関西、東海など地域ごとに春と秋リーグ戦を行って、1部から5部や6部、大学が多い地域は10部とかまで所属しているチームがあるんです。もちろん1部が強いチームが所属しています。

そして、バレーの強さも地域によって様々。

例えば東海地区1部に所属チームでも、関東に行けば3部ぐらいにゴロゴロいます。

それだけ関東の大学バレーはレベルが高い!

1部のトップチームは実業団と練習試合したりしますからね。

早稲田大学は、そんな関東リーグでトップ争いをするぐらい強いチーム!!

水町泰杜選手なら、そのチームでも普通に活躍しそうな感じがします。

 

なぜ私が早稲田大学が有望なのかと推測する理由は2つ。

1つは、今お話ししたように早稲田大学が大学バレー界でもトップのレベルだからという理由。

そして2つ目は、鍬田憲伸(くわだ けんしん)選手と違う大学だからという理由です。

 

鍬田憲伸選手は水町泰杜選手が高校1年生の時の3年生で、絶対的エースでした。

この2人の活躍も大きく、鎮西高校は2018年インターハイは21年ぶり優勝。もちろん春高も優勝です。

昔こうして一緒に汗を流した仲間といつか戦いたい!って思う事ありませんか??

私も一応中学から大学までバレーをやっていましたが、何度かこのように思った事はあります。

残念ながら、私以外みんなバレーを途中で辞めてしまいましたが(笑)

 

そして、戦える場所は関東リーグ。

鍬田憲伸選手は関東リーグ1部に所属している中央大学へ進学。

あの石川祐希選手が在籍していた大学です。

鍬田憲伸選手と同じ中央大学へ進学しても楽しいとは思いますが、個人的には対戦している所が見たいですね。

実業団に入団!?

男子バレーで高校を卒業して、そのまま実業団に入団する人ってあまり多くないんですよね。

高校からいきなりVリーグだとレベルが違いすぎるから、活躍するのが難しいんでしょうか。

高校を卒業して、いきなりエースとして活躍しているのは、ジェイテクトの西田選手ぐらいだと思います。

世界バレーで5連続サービスエースの西田選手についてこちら。

そんな西田選手とも比較しても、技術面で劣っていない水町泰杜選手。

このポテンシャルはどこまで通用するのか、ただ単に見てみたい。

希望としては、将来日の丸を背負って世界と戦っている所を観戦したいです。

 

早くから実業団に入団して、経験値を積むっていうのも1つの手段だと思います。

なかなか活躍する場面は少ないかもしれませんが、きっと水町泰杜選手なら活躍してくれるでしょう。

Sponsored Link

 

水町泰杜の進路は早稲田大学が有望?それとも実業団に入団!?まとめ

水町泰杜の進路は早稲田大学が有望?それとも実業団に入団!?について推測してみました。

大学に進学しても実業団へ入団しても、どちらにしてもバレー界は盛り上がる事、間違いなしだと思います。

大学へ入学するなら、元チームメイトの鍬田選手との対戦、Vリーグへ行くなら、西田選手との対戦が個人的には楽しみです。

 

身長は小さいですが、技術面に関しては間違いなくトップレベルだと思います。

そんな水町泰杜選手の今後の進路がとても楽しみです。

まずは春高バレー2020年、全国大会での活躍を楽しみにしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ちなみに当時高校1年生でこの実力!!

ちょっと前まで中学生の動きじゃないですよね。ほぼ完成されているって言ってもおかしくない。

いや~すごすぎる!

 - スポーツ, 話題