過保護と過干渉 悪い影響を与えるのは?親として理解しておくこと。【発達障害の子育て】

      2020/10/14

 

子供が発達障害と分かってから、子育てについて考える事が多くなったんですけど…

しんりん
しんりん
子育てって難しいです……。

みなさんもそう思う事ないですか?子育てにおいて知識が無さ過ぎるからですかね。

  • 正解がない
  • 子供への対応が合っていたか不安

毎日こんな事を考えています。

子育てに少しずつ関わるようにしていくにつれて、子育ての大変さが分かってきました…。

 

そんなポンコツぱぱが最近知ったこと。

どうやら、

子供に対して『過保護』『過干渉』悪い影響を与えてしまう。

らしい…。

 

でもね、私は違います!『過干渉』の方が子供に悪い影響を与えてしまいます!

しんりん
しんりん
これは間違いないです!何でか??察して(笑)

もっと言うと、『過保護』は悪くない!

 

そして、またそこで分からない事が出てくる。

何が過保護で何が過干渉に当てはまるのか?

考えれば考えるほど、分からなくなる。子育てって本当に難しいですね。

子育ての大変さがやっと分かったか!
しんりんママ
しんりんママ
しんりん
しんりん
……これから頑張っていきます。

『過保護』と『過干渉』の違いを一瞬で見極める事が出来たら?

そう考えた時、ポンコツなりの見分け方を発見しました!

今回は過保護と過干渉 悪い影響を与えるのは?親として理解しておくこと。についてお話しさせて頂きます。

Sponsored Link

 

過保護と過干渉 悪い影響を与えるのは間違いなく『過干渉』!

子育てに悪い影響を与えているのは間違いなく親の『過干渉』です!

『過保護』と『過干渉』の違いについて、調べて思ったのですが、子育てにおいて『過干渉』が悪い影響を与えしまうのは

親が子供の道を作り過ぎるから。

【 過干渉が子供に与える悪い影響 】

  • 自分で考えようとしない
  • 自分で判断できない
  • 自分で行動できない
  • 親の機嫌を伺う
  • 親の意見が絶対正しいと思ってしまう
  • 親の言う通りにしか動かない
  • 子供の可能性を潰してしまう

パッと思いついただけでも、これだけ出できます。

過保護とは何??事例も紹介!

過保護とは何なのか調べてみました。

子育てにおいて、甘やかしを行う場面が多いこと。必要過多な保護。

事例をあげてみると

  • 子供が「抱っこして!」と言ったら、よく抱っこする
  • 子供が欲しい物を全て買い与える(お菓子やおもちゃ)

ヤバイ…事例がそんなにないかも(笑)

簡単にまとめてしまうと、『子供が望んでいる事を何でも叶えてしまう』事です。

子供が「抱っこして」→足が痛い。かったるい。

子供のが欲しい物→お菓子が食べたい・ジュースが飲みたいなど。

 

これらは全て『子供が望んでいること』ですよね。

子供が望んでいることを叶える回数が多くなるほど、過保護になっていきます。

過干渉とは?事例も紹介!

親が子供の事を何でもやってあげてしまう事に関しては過干渉も過保護と一緒です。

でも大きく違う事は子供が望んでいるかどうか。

 

最近思います。

過干渉とは親が子供の道を作り過ぎることなのかなと。

過干渉は子供が望んでいないのに、親があれこれ口を出してしまうこと。

しんりん
しんりん
過干渉に関してはたくさんある!だからまとめます(笑)

【 過干渉を大きくまとめると 】

  • 子供の行動を指定する
  • 子供の行動に口を出し過ぎる

大きくまとめると、この2つ。

『過保護』と『過干渉』を見分けるポンコツなりの方法!

『過保護』と『過干渉』を見分ける方法、もう答えは出ているんで!

それは『子供が望んでいるかどうか』ということ。

私は最近、この事を念頭に常に置いています。

しんりん
しんりん
子育ての正解が分からないので、常に判断する必要があるからです。

『過干渉』になってしまう理由がヤバイ…。

『過干渉』なってしまうと考えられる理由は簡単。言葉を選ばずに言ってしまうと親の思い通りに子供を動かしたいから。

しかも無意識でやっていると事の方が多い!

実際に私もやってしまう事もあります。

しんりん
しんりん
やった後に「間違えた!」と思い、子供に謝る事も…。
でも、次に活かせますから!
間違えたと思っても落ち込まない。

1つずつ『過干渉』を減らしていけばいい!

親として理解しておく事とは?

子供の為を思ってやっていること。

そう思っていませんか??でもそれは間違い。

例え自分の子供だとしても、自分と同じ考えを持っているかというとそうではない!

 

子供には子供の考えがあります。だから親として理解しておくこと。それは子供の考えを尊重してあげること。

だから『過保護』と言われても良いんです!

『過保護』は悪くない!周りに言われても気にしない。理由は?

『過保護』が悪くない理由。それは子供が望んでいる事だから。

だから周りに「過保護だね」と言われても気にしない!

極端な話し「お金」と「時間」があれば、子供が望んでいる事を全て叶えてあげたいと思っています。

それだけ子供の可能性が広がり、得意な分野を発見する事が出来るかもしれない。

しんりん
しんりん
「子供の望み=子供が考えた事」ですからね。

ただお菓子やジュースを子供が望んでいた時に、毎回あげるかと言うとそれは違う!

食べ過ぎは体に良くないという理由がしっかりとあるから。

【 お菓子・ジュースの場合 】

  1. 子供がお菓子やジュースを求める
  2. 食べ過ぎは体に良くないという理由があるため、1日の回数を決める
  3. お菓子の食べ過ぎ・ジュースの飲み過ぎは体に良くないと学ぶ

この流れを見ると『過保護』は悪くないと思いませんか?

これを理解出来るまで時間がかかりました。

Sponsored Link

 

過保護と過干渉 悪い影響を与えるのは?親として理解しておくこと。まとめ

過保護と過干渉 悪い影響を与えるのは?親として理解しておくこと。についてお話しさせて頂きました。

『過干渉』は子育てに悪い影響を与えています!

しかも無意識にやってしまっている方が多い。(これは育ってきた家庭環境にもよると思いますが…)

そして個人的には『過保護』は子育てに悪い影響を与えないと思っています。

 

『過保護』と『過干渉』の違い『子供が望んでいるか』どうかです。

親として対応を判断する時に『子供が望んでいるか』どうかを基準にして判断する事で、『過保護』と『過干渉』の違いを見分ける事が出来ます!

 

そして、間違っても気にしない!私もよく対応間違えますし(笑)

その時はしっかり子供に謝りましょう!

しんりん
しんりん
対応間違っても、次に気を付ければ良い!このぐらいの気持ちでいるので、間違った自分を責めないで!こんなポンコツでも出来たから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 - 発達障害の子育て体験談