無料で遊ぶなら熱海の長浜海浜公園!遊具やイベントも紹介。

      2019/03/19

 

伊豆に来られる方で

「美味しい物が食べたい。」「温泉でのんびりしたい」

っと思う方もいるとはず。

でもお子さんがいる家庭は【美味しい食べ物】【温泉】以外に、【子供が遊べる場所】を探しますよね。

でも、【子供が遊べる場所】ってお金がかかる場所ばかり。

出来れば旅行費用を少しでも抑えたい。

そんな場所が熱海にあるんです!

今回は無料で遊べて足湯もあり地元の物も食べられる場所を紹介しちゃいます。

是非皆さんも参考にして見て下さいね。

Sponsored Link

 

無料で遊ぶなら熱海の長浜海浜公園!どんな遊具があるの?

その場所は135号線を熱海から下田方面に向かって行った熱海市上多賀と言う場所にあります。

長浜と言う海水浴場に隣接された公園になります。

車で走っていると大きな遊具が見えるので、分かりやすいですよ。

 

駐車場は北側と南側の2か所。どちらも信号機がある交差点になっているので入場もしやすいですよ。

北側は駐車スペースが少ないですが、遊具の近く。

南側は駐車スペースが多いですが、遊具まで2〜3分ほど歩きます。

どちらの駐車場も整備されているので駐車しやすいです。

私は歩きますけど南側に必ず駐車します。

ですので駐車される皆さん、南側駐車場をおすすめします。

その理由はまた後ほど。

遊具紹介

こちらの公園、小さなお子さんから小学生まで幅広く楽しめる遊具が揃っていますよ。

遊具で遊びながら子供の成長を感じる事が出来たので見ていて嬉しかったです。

それでは遊具の紹介!

巨大滑り台

こちらはいくつもの滑り台が合わさっている巨大滑り台です。

一番人気な遊具です!

ちなみに裏はこんな感じになっています。

大きすぎて小さい子供は楽しめるのかって?

大丈夫!

大人も一緒になって滑ることが出来るので安心!

私、結構体が横にデカイんです。

そんな私でも子供を抱きながら滑ることが出来ましたよ。

 

また、滑り台の種類も様々で、小さいお子さんが滑れるタイプからスピードが出るタイプ、それにぐるぐるとカーブするタイプが一緒になっています。

各滑り台の入り口に行くまで、登り棒で行ったりトンネルをくぐったり壁を登ったりと行き方も色々とあるんです。

私の次女は2歳ですが、1人では滑り台の入り口まで行くことが難しいため一緒に登って滑ってきます。

小さいお子さんが1人で滑るには、ちょっと難しい滑り台もあるので一緒に滑ってあげると小さいお子さんも楽しめますよ!

4歳くらいになると全ての滑り台を1人で滑れます。

私の長男、妹の事は我関せず。

どんどん登って滑ってきますから。

それだけ楽しんでいるって事ですけどね。

Sponsored Link

ミニ滑り台

こちらは小さいお子さん用の滑り台です。

先程紹介した巨大滑り台にもこのぐらいのサイズの滑り台がありますが、こちらは綱渡りと一緒になっているタイプです。

巨大滑り台が無理な場合は、こちらで滑らせてみるのもアリですよ。

私の次女もこのミニ滑り台から、慣らせました。

すくすくランド

こちらは0歳から3歳までの小さいお子さん専用の遊具になります。

6種類の遊具があり、それぞれの遊具で楽しみながら子供の成長を促すように出来ているんです。

よちよちクッション

不安定なクッションの上を歩く事によって、転びにくい体を作る遊具です。

私の次女は転びませんでした。

だって歩いてないですから!

あるけるぞーさん

こちらはぞーさんの背中につかまって、立ったり歩いたりする遊具です。

歩き始めの小さいお子さんにおすすめですね。

ハートフルアイランド

こちらは人工芝で出来ている小さい小島。

はいはいが出来るようになった子にはオススメかと思います。

ただ隣が海なので砂が人工芝に混ざってしまっているので、遊んだ後はしっかりと手や足を除菌してあげた方が良いです。

いもむしステップくん

こちらはバラバラに置かれた台の上を歩く遊具です。

どうやって進むのかを子供自身が考えて遊ぶ事が出来ます。

私の次女もしっかり最後まで行けました。

ポール渡り

こちらは年齢によって遊び方も違います。

次女の場合はポールに登って渡っていました。

高さが違うポールがあるため次女にはちょっと難しいかったみたいですけど、青色のポールは1番低いポールなので、小さいお子さんでも楽しめると思います。

次女も青色のポールなら全て渡りきる事が出来ました。

どこのポールに手や足を乗せれば良いのか子供自身で考えて遊んでいたので、見ていても楽しかったですよ。

ばらんすベンチ

こちらはベンチみたいですけど、子供用のブランコみたいな感じでした。

上手くバランスを取ってロープに乗る所から始めてブランコのように、こいで遊べる遊具。

次女はなかなかロープに乗る事が出来なかったので、乗せてから揺らしてみたんですけど、ビビリで嫌だったみたいです。

でも色々経験させる事は大切ですからね。

改めてチャレンジしてみます!

トイレの場所は?

遊具の他に気になるのがトイレです。

トイレもちゃんとありますよ。

そして、トイレが近いのが南側駐車場。

外水道もあるので、汚れても洗う事が出来ます。

ただし、洗剤などの使用は禁止!

直接海へ流れてしまうから。

貼り紙もあるので、注意して下さいね。

南側に駐車する理由とは?土日祝日はイベント開催!

なぜ南側の駐車場に必ず駐車するのか?

みなさん、気になりませんか?

あまり気にならない?

いや、気になって下さい!

理由はこちら。

毎月第1と第3の土曜日・日曜日は必ずやっている、ながはま特設市。

テント内は地元のお店が出店してラーメンや焼きそばなどを販売しています。

地元の名産のイカメンチも販売してますよ!

肉ではなく、イカで作ったメンチなんです。

肉よりも歯ごたえがあって、とても美味しいですよ!

ご飯のおかずとしても良いですが、イカメンチバーガーと言うご当地グルメもあるんです!

 

そして、芝生エリアではフリーマーケットを開催。

服やオモチャなどが売っているので、大人の人も楽しめますよ。

 

その他に足湯。

15時までしかやってないんですけど、遊び疲れた足を癒してくれます。

今回は足湯にミカンが入っていました。

足の芯から温まって気持ちよかったです。隣には売店があり、ドリンクも販売しているので足に浸かり海を見ながらドリンクを飲むのも最高だと思います。

Sponsored Link

 

無料で遊ぶなら熱海の長浜海浜公園!遊具やイベントも紹介。まとめ

熱海で子供が無料で遊べる公園はどこ?遊具やトイレ施設も紹介させていただきました。

子供が無料で遊べて地元の物も食べれて、足湯にも浸かれる。

とても満足出来るスポットです!

特に遊具で遊んでいる時は子供の成長が見られる時ですよね。

私の子供達は結構ビビリなんですが、怖さより楽しさが勝った時は

「おっ!頑張れ!」っと見ていて応援したくなります。

それとフリーマーケットと飲食店ですが、平日は出店していないので、行くのなら土曜日・日曜日と祝日がオススメです。

昼前は遊具が空いているので、遊びやすいと思います。

そして平日はガラガラなので独占状態です!

また駐車場は夏の海開きの期間は1日¥1,000かかってしまうので、気をつけて下さいね!

ただ夏は海水浴場が隣のため、海水浴と公園どちらも楽しめますよ。

熱海に来られた時は是非寄ってみて下さい。

 - 伊豆, 熱海