就活で最適なスーツの色は?失敗しない選び方や着こなし方を解説。

      2019/03/25

 

就職活動を行う時の服装はスーツ!って当たり前ですよね。

でもスーツって言っても色々なスーツがあるじゃないですか!

どんなにスーツが就職活動には最適か皆さんご存知ですか?

スーツだったら何でも良い!って訳ではないんです。

そんな気持ちで適当に選んでしまうと、第一印象で不採用になってしまう可能性もあります。

就職活動中は身だしなみがとても大切なんです。

そのためには就職活動に適したスーツを用意しなければなりません。

でもどんなスーツが就職活動に適しているのか?

そこで今回は就活で最適なスーツの色は?失敗しない選び方や着こなし方を解説します。

Sponsored Link

 

就活で最適なスーツの色は?失敗しない選び方や着こなし方を解説。

スーツだったら何でも良い!っていう軽い考えでいると第一印象で不採用になってしまう可能性もあります。

スーツと言っても就職活動に適したスーツとそうでない物もあるんです。

就職活動に適したスーツが、どんなスーツなのかを把握して、選ぶときに失敗しないようにしましょう。

就職活動に最適なスーツの色とは?

就職活動のスーツで最適な色はダークな色です。

ダークな色??

基本は「黒」「紺」「グレー」の3種類。

就職活動で着るスーツはこの3種類の中から選ぶと良いですよ。

なぜダークな色が良いと思いますか?

もしあなたが面接官で、ド派手な色のスーツで応募者が面接に来たらどう思います?

私なら

「この人、入社してから規則を守るのだろうか…」

「お客様の前にもその格好で行ったりしないよね…」

なんて思っちゃいます。

そう、面接官からの印象が良くないんです。

ですので、先ほどお伝えした3種類から選ぶのが最適。

そして近年では就職活動中に着るスーツは「黒」という認識が定着しています。

黒でなければいけない!と言う訳ではないんですよ。

「紺」「グレー」を着て就職活動をしている人もいます。

ただ就職活動をしている方たちが【服装で目立つ事をリスクと捉える】ようになったから。

ですので、就職活動のスーツで最適な色は「黒」「紺」「グレー」の3種類なんです。

Sponsored Link

 

失敗しない選び方や着こなし方は?

【失敗しない選び方】

失敗しない選び方として、男女共通になりますがジャケットのサイズを決める時は【肩幅を基準】にして選ぶ事をオススメします。

ポイントとして肩から脇、そして背中にシワが寄っていた場合はサイズが合っていない事になるんです。

そしてボタンが3つあるタイプのジャケットを選びましょう。

 

また個人的にはストライプのスーツは選ばない方が良いと思います。

ストライプの良さとしては全体的にスマートな雰囲気がありますが、見る人によってはカジュアル過ぎる印象を与えてしまう場合があります。

少しでも面接官にマイナスな印象を与えてしまう物は避けましょう。

 

【着こなし方】

就職活動中のスーツの着こなし方のポイントとしては3つ。

  • ボタンの留め方
  • 袖丈の長さ
  • ポケットのフタ

『ボタンの留め方』

基本的にボタンが3つあるタイプの物で、上2つは留めて1番下は外して着用。

 

『袖丈の長さ』

目安としてはシャツの袖ボタンが1.5センチ程出ているのが理想。

あまり出過ぎていても、見た目が良くないんです。

 

『ポケットのフタ』

ポケットのフタは出すのか入れるのか分からないと思います。

正直どちらでも構わないとは思います。

ただ、相手に少しでも良い印象を与えるのであれば、【室内はフタを入れる・屋外はフタを出す】と言うのがマナーになるので、覚えていた方が良いです。

どちらか片方だけ出ていたり入れある。というのだけは辞めましょう。

Sponsored Link

 

就活で最適なスーツの色は?失敗しない選び方や着こなし方を解説。まとめ

就活で最適なスーツの色は?失敗しない選び方や着こなし方を解説させていただきました。

相手にインパクトを与えるため、ド派手なスーツを着れば良い!と言う訳ではありません。

ダークな色で自分のサイズに合ったスーツを選び、しっかりと着こなす事で、相手に良い印象を与える事が出来ます。

おしゃれと内定のどちらを取る?って聞かれれば私は内定を取ります。

内定が取れるまでの間だけですから。

皆さんも参考にして見て下さい。

 - 就職活動, 役立つ商品