面接での正しい受け答えの仕方は?失敗談を交えて分かり易く解説。

      2019/03/25

 

いよいよ始まった面接。

直接会社や企業の方とお話しをする機会ですから、相手に好印象を与える事で内定がグッと近づいてきますね。

ところで、面接ではどんな受け答えが正しいか分かります??

受け答えの仕方によってはそこで終了となってしまう事もありますから、正しい受け答えを理解していないといけません。

私自身、数多く面接してもらっています。

そして、自慢じゃないですが何度も不採用となっております。

たくさんの不採用を経験して、面接での受け答えの正しいやり方を覚えました。

そこで今回は面接での正しい受け答えの仕方は?失敗談を交えて分かり易く解説します。

Sponsored Link

 

面接での正しい受け答えの仕方は?失敗談を交えて分かり易く解説。

面接は直接会社や企業の方とお話しして、相手に好印象を与えるチャンス。

でも正しい受け答えの仕方を理解していないといけません。

正しい受け答えの仕方を理解するとともに、私の数多くの失敗談を参考にして頂いて一気に内定を近づけちゃいましょう。

1つ注意する事がありますが、失敗談はあくまでも私自身が経験したものです。

必ずしもあなた自身の面接を対応する方に通じるかは分かりません。

ですので、ポイントをしっかりと押さえて理解する事が大切です。

面接での正しい受け答えの仕方とは?

面接の対策として、よく聞かれそうな質問を想定して事前に考えている方と思います。

でも、聞かれる質問に限らず受け答えの仕方として共通する正しいやり方が3つあります。

 

①【必ず結論から話す】

これが一番重要な事だと私は思います。

そしてこれが出来ていない方も結構いらっしゃいます。

質問の度にダラダラと前置きがあり、やっと結論まで辿り着いたと思った時は聞いている側は疲れちゃいます。

ですので、必ず結論から話すようにしましょう。その方が面接官も理解しやすいですし、自分も話し方を整理しやすくなるんです。

 

②【質問に対して的確に答える】

面接官から聞かれた事には的確に答えるように心がけましょう。

当たり前の事なんですが、なかなか出来なくて難しいんです。

緊張していると質問の意図が読み取れずに的外れな回答になってしまう事があります。

質問されたからと言って焦らずに落ち着いて質問の内容を理解してから答えましょう。

 

③【相手の話しをしっかりと聞く】

これも当たり前の事ですよね。

でも緊張してしまうと出来ない事が多々あるんです。

相手に好印象を与えようとするあまり、相手の話しが終わっていないのに自分の意見などを言ってしまう方もいると思います。

まずは落ち着きましょう。

相手の話しをしっかりと聞く事も大切な事なんです。

Sponsored Link

面接での失敗談を紹介。

失敗談①【結論が言えずに終わる】

正しいやり方として【必ず結論から話す】とお伝えしましたが、私がやってしまった失敗談は、結論が言えずに終わりました。

質問に対して、前置きをダラダラと話している内に(その時は真剣です(笑))、自分でも何が結論なのか分からなくなりました。

結局私自身、何を伝えたかったのかさえ不明でした。

自分でも何が伝えたかったのか分からないので、聞いている面接官はもっと分からないですよね(笑)

結果はもちろん不採用。

結論から話す事はとても大事なんだと、改めて感じました。

 

失敗談②【相手を見ないで話しをする】

今思い返しても、相手に対して失礼な事をしたと思います。

いくら緊張していたと言っても、相手の顔を見ないで話しをしていました。

下を向きながら話しをしていたんです。

これは相手から見ても印象は良くないですよね。

話しをする時は、必ず相手の顔を見て話しをするように心がけましょう。

 

失敗談③【他の会社や企業から内定を頂いている事を話す】

これを相手にとって、とても失礼です。

緊張のあまり、他の会社や企業から内定を頂いている事をポロっと話しをしてしまったんです。

あなたが、面接官だったらどう思います??

「内定もらっているなら、ここを受けなくてもいいじゃん…」って思われても仕方がないですよね。

当たり前ですけど、不採用。

面接での正しい受け答えの仕方は?失敗談を交えて分かり易く解説。まとめ

面接での正しい受け答えの仕方は?失敗談を交えて分かり易く解説させていただきました。

相手の話をしっかりと聞き、結論から話すようにして的確に答える事で、相手にも話す内容が伝わり易く、自分自身も話す事をまとめやすくなります。

また、正しい受け答えのやり方は面接だけなく社会人になってからも必要な事なので、今のうちから練習だと思って取り組むようにしましょう。

私自身の失敗談をお話しさせていただきましたが、こんな失敗をしている私でも採用をいただく事が出来ます!

みなさんも、面接で失敗してしまった事があると思いますが落ち込まずに次に活かしていきましょう。

色々な経験を積む事で社会人になった時には、かなり成長していると思いますよ。

 

 - 就職活動, 面接への対策